スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

EXILEのハロプロ化?リーダーHIROの苦労は倍増?

EXILEの話題が最近、多いですネ。それもそのはず先月25日に弟分的ユニットJ Soul Brothersと合体し、ボーカル2名、ダンサー12名の大所帯で再スタートしたわけで… ⇒ランキング

関連NEWSを探す 芸能ランキング

エイベックス松浦社長のブログがファンの書き込みで炎上するなど影響は大きいです。⇒新EXILE ネットで大炎上!でもこの話、水面下ではだいぶ前からあったようで。続きは… ⇒ランキング

(以下、引用)
「J Soul Brothersのメンバー数名がEXILEと合流するという話は、半年以上前から聞いていました。J Soul Brothersのメンバー5名が今年初めに舞台『あたっくNo.1』に出演したのですが、まだ知名度の低い彼らの"課外活動"としては異例という印象でした。演劇活動に力を入れているEXILEと、何らかの形で連動した動きだったと考えるのが自然です」(イベント関係者)

数年前には人気の頭打ちもささやかれたものの、新ボーカリストTAKAHIROの加入後、一昨年末には人気バラエティ番組『めちゃイケ』(フジテレビ系)との連動企画「オカザイル」でお茶の間に浸透。さらに昨年はベスト盤を3枚リリースするなど、CDセールスも好調なEXILE。今回の大量増員劇は、上り調子の時期にあえて"次の一手"を打ったという面もあるようだ。あるレコード会社関係者は、これを「EXILEのハロプロ化」と形容する。

「ここ数年のEXILEは、歌やダンスだけでなく、舞台興行やメンバーの俳優業への進出、あるいは『月刊EXILE』などの定期メディア刊行など、活動の多角化に力を入れています。それを支えているのが、ファンクラブにも入っている熱狂的な女性ファンの存在。メンバーの増員は、こうしたコアファンの数を少しでも増やすことを狙った戦略と見られます」(レコード会社関係者)

人気凋落がささやかれるハロプロであるが、グッズ販売や手堅いコンサート興行で、一定の利益を出し続けていると言われる。各メンバーに固定ファンがついており、それをいわば足し算の論理でプロジェクト全体の収益につなげるビジネス構造だ。EXILEの場合も、人気の波に左右されにくい、こうした安定的な活動体制を狙っているという見立てだ。
(引用「日刊サイゾー」より)

なるほど。数の論理…でも、そう簡単にいくのでしょうか。確かにこれでファンをやめるって人はいないと思いますけど、この戦略、功を奏するかどうか微妙な気もします。

でもメディア界でのEXILEの評判はけっして悪くないのだそうです。礼儀正しくて気遣いもできるので、まるで売れっ子ホスト軍団って感じなのだとか。

リーダーのHIROはカリスマ店長といった感じで、メンバー全員にしっかり目を光らせているのだとか。分かるような気がしますネ

ちなみにこういったダンスユニット系とか、ちょっと硬派な男性グループって上下関係とか礼儀とかすっごく厳しいみたい。芸能界の怖さを知ってるからでしょうか。

でもHIROの負担が増えてしまわないか、すっごく心配です。チームワークってやっぱり一番大切ですからね。  ⇒ランキング

EXILE の話題を探す 話題のらんきんぐ

エンタメ芸能☆NEWS&SCOOP トップページへ
スポンサーサイト
2009年03月14日 | 芸能エンタメNEWS

キーワード検索

最近の記事

全記事表示リンク

リンク

かんたん相互リンク

免責事項

ブロとも申請フォーム

プロフィール

カテゴリー

芸能ランキング

スポンサードリンク

PR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。