スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

藤原紀香 陣内智則 離婚!?

藤原紀香と陣内智則が離婚するらしい。今朝のスポーツ紙によれば、すでに離婚届は用意されているのだとか… ⇒ranking ←衝撃

関連NEWSを探す 芸能ランキング
藤原紀香と陣内智則、当初は格差婚などとも言われていましたが、その後も5億円の披露宴など話題を振りまき続けたオシドリ夫婦。2007年の結婚からわずか2年で破局を迎えてしまったのでしょうか。続きは… ⇒ランキング

(以下、引用)
日本中の注目を集めた“世紀の結婚”が、わずか2年で幕を閉じようとしている。紀香と陣内は離婚届こそ提出していないものの、すでに別々に住んでおり「離婚に向けた話し合いを始めている」という。
原因はお互いが仕事で多忙のため、2人の時間が思うように持てず埋められない溝ができてしまったようだ。

2人は06年7月に放送された日本テレビ系ドラマ「59番目のプロポーズ」で共演。紀香は美人編集者、陣内はオタク青年役で、ハッピーエンドの物語をなぞるように交際に発展。同年12月26日にツーショットで婚約会見。07年2月17日に、生田神社で挙式。同年5月30日には、ホテルオークラ神戸で結婚披露宴を盛大に開催して話題になった。祝宴では陣内自らコブクロの「永遠にともに」「永遠にともに」を弾き語りして、紀香にプレゼントするなど涙を誘う演出もあった。

同じ関西出身で、共に明るい性格。夫婦生活は順調にスタートした。しかし、周囲は「幅広く活動をする人気女優と、全国区になったばかりの芸人ではうまくやっていけないのではないか」と当初から“格差婚”を心配する声もあった。

紀香は東京、陣内は大阪に仕事の拠点を置いており、物理的な距離も新婚生活の大きな障害になった。陣内は結婚を機に東京で紀香と生活を始めたものの、大阪・読売テレビの朝の情報番組「なるトモ!」で月?木曜の司会を担当。週4日は片道3時間の新幹線通勤で、常に疲労がたまっている状態が続いていた。そのため寝過ごして番組に遅刻することもあった。

陣内は08年9月、4年半司会を務めた同番組を降板。会見では「体力面が理由ではなく、ステップアップのため」と説明したが、周囲からは「夫婦生活優先で東京に落ち着くため」の声も上がっていた。その際、紀香は「仕事の選択は彼に任せてます」と話していた。

不仲説が表面に出てくることはなかったが、水面下では徐々に心にすきま風が吹き始めていた2人。紀香は先月24日に都内で行われたユニクロのイベントで「人生にはこれからもいろいろなことがあると思う。でも、どんなことがあってもいつもバラ色のスマイルで頑張りたい」と別離をにおわす発言をしていた。

現在、紀香は仕事でアフリカに滞在中。本格的に離婚について話し合い、結論を出すのは帰国後となりそうだ。
(引用「スポーツニッポン」より)

テレビのニュースでも、藤原紀香の事務所によればすでに離婚届は用意されているということで、陣内智則の事務所では確認中とのことでしたが… ⇒Imagine(藤原紀香写真集)

去年の5月には2人が4時間以上もの激しいケンカをしたことがスポーツ紙などで報じられていたらしいですが、2人の間がうまくいかなくなったのは去年の秋ごろからなのではと言われています。

9月になってからは陣内智則がレギュラー番組を降板したり、明らかに問題が発生していたようなのですが、真相はどうなのでしょうか? ⇒陣内智則 NETA JIN 2/陣内智則[DVD]

先程、日本テレビ「スッキリ!! 」にコメントを寄せていたジャーナリスト、井上公造氏の話では、昨年秋ごろも特に険悪な雰囲気は感じなかったらしく、これだけの情報が出ているのだから“何かあったのは間違いない”が、ハッキリしたことはまだ分からないとのこと。

詳細が分かり次第、改めてUPしますが、WBC韓国戦の敗戦とともに、この不況下のニッポンにとってかなり残念なニュースではあります。 ⇒ランキング

■■■今日の芸能最新ニュース■■■

『離婚へ!藤原紀香&陣内智則 スポーツ紙三社が報じる』
芸能ランキング14位 ワイド芸能ショーさん
『加護、不倫決定的証拠発覚!?泥沼裁判へ』
芸能ランキング4位 速報!芸能フライデーさん


エンタメ芸能☆NEWS&SCOOP トップページへ
スポンサーサイト
2009年03月19日 | 芸能エンタメNEWS

キーワード検索

最近の記事

全記事表示リンク

リンク

かんたん相互リンク

免責事項

ブロとも申請フォーム

プロフィール

カテゴリー

芸能ランキング

スポンサードリンク

PR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。