スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

賃上げ企業、6年ぶり減 厚労省調査

厳しいですからね。実際問題として賃上げなど難しいという企業も多いかも知れません。

同時に問題なのは非正規雇用労働者の賃金や雇用条件が一向に改善されない、それどころか悪化の一途を辿っていること。

他にも様々な問題が山積みですけど、景気がよくなる要因がどこにも見当たらないのが悲しい。

来年の3月まで、状況は予断を許さないものがあり、見通しはかなり暗いです。

<元記事>
12月24日21時1分配信 時事通信
<参照URL>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081224-00000214-jij-bus_all
賃上げ企業、6年ぶり減=景気悪化で二の足?厚労省調査

─────────────────────────────────

厚生労働省が24日発表した賃金引き上げ実態調査によると、ベースアップや定期昇給などで2008年に平均賃金を引き上げた企業(予定含む)は全体の74.0%で、前年より8.8ポイント減少した。賃上げ企業数が減ったのは02年以来6年ぶり。調査は経済が悪化する前の9月に実施したが、景気の先行きをにらみ、賃上げに二の足を踏む企業の実態が浮かび上がった。

調査によると、賃金を引き下げた企業は3.1%で同1.5ポイント増加。賃金改定を見送った企業も17.6%と4.3ポイント増えた。

─────────────────────────────────

ところで、こんな状況の中でもダイワボウなど躍進を遂げている企業はあります。

全体的に俯瞰するとやや悲壮感がありますけど、ところどころ光るものがあるのも事実。

今、転職するとか、起業するなどの動きって常識で考えたらキビシイかなぁって思ってしまいますけど、チャンスは自分から動かないと手に入りません。

だからあまり臆病になって勝負しないのも問題かと…そう思った次第であります。

エンタメ芸能☆NEWS&SCOOP トップページへ
スポンサーサイト
2008年12月24日 | 気になる話題 - その他

キーワード検索

最近の記事

全記事表示リンク

リンク

かんたん相互リンク

免責事項

ブロとも申請フォーム

プロフィール

カテゴリー

芸能ランキング

スポンサードリンク

PR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。