スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

破綻?リストラ?凍える労働者たち デトロイト

これは先日の記事。アメリカの労働事情は非常に厳しいというお話。

日本も大変ですけど、こっちの方がより深刻な感じ。

<元記事>
12月23日23時42分配信 読売新聞
<参照URL>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081223-00000043-yom-bus_all
「破綻」か「大リストラ」か、凍える労働者…デトロイト

─────────────────────────────────

米政府が、米ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーに対するつなぎ融資を決めたことで、両社の年内の倒産はひとまず避けられた。

しかし、米自動車大手3社(ビッグスリー)の工場従業員や販売店は、先行きの見えない将来に不安を抱え、やり場のない怒りや不満が充満している。ビッグスリーの地元・ミシガン州デトロイトの表情を追った。

デトロイト市中心部から車で5分も走れば、家主がいなくなり、崩れ落ちた住居が立ち並ぶ。廃虚と化したいくつものビルの中では、行き場を失った人たちが体を小さく丸めて氷点下の寒風をしのいでいる。

ビッグスリーがこれまでに実施したリストラで、街にはすさんだ空気が漂う。そこへ、さらなる人員削減の大波が押し寄せようとしている。

クライスラーは19日から北米30か所の全工場で、1か月以上の生産休止に踏み切った。そのうちの一つ、デトロイト郊外にあるジェファーソン工場は、全米で最も古くから稼働している自動車工場だ。

「みな職を失う不安におびえているのに、経営陣から何の話もない」。従業員のマーク・スラブコさん(45)は、真っ白な息と一緒にいらだちを吐き出した。工場再開の確証がもてないという。

50歳代後半のウィンストン・デイリーさんも、「経営危機は経営陣の責任だ。我々労働者はこれまでのリストラでも譲ってきたのに、経営陣は何を失ったのか」とまくし立てた。

GMも1月から北米での生産を3割減らす。33年間、GMの工場で働いてきたカレン・ジョンソンさんは「悪いことは考えないようにしている」と言いながら、表情を曇らせる。

ビッグスリーの経営者らは「我々には引き続き多くのビジネスパートナーの協力が必要だ」(クライスラーのロバート・ナルデリ会長兼CEO)と、従業員あてのメールなどで「結束」を呼びかける。

しかし、経営陣が来年3月までに人員削減や賃金引き下げなどの抜本的なリストラ策を示せなければ、政府からの資金繰り支援は途絶するどころか、回収される。ビッグスリーの行く手には破綻(はたん)か、大幅リストラかの二者択一しかないのが現状だ。

デトロイト周辺で3軒の日本食レストランを経営する山田茂さん(59)は「30年前の活気がウソのように廃れてしまった」と寂しげに話す。

雪の残る路地。シャッターを下ろした商店の前で曇り空を仰げば、73階建てのGM本社ビル「ルネサンス・センター」がかすんで見えた。(デトロイトで 小谷野太郎)

─────────────────────────────────

つなぎ融資は決まったけれどまったく見通しはたっていません。

このままいくとアメリカでは路頭に迷った労働者が暴動を起こすような事態になりかねません。

もともと格差社会の度合いはアメリカはかなりヒドイものがありましたから、本当に現在は深刻な状況に陥っています。

日本はまだマシ…とはいってもトヨタが赤字に転落するなど決して楽観はできませんよね。

どちらにしてもドラスティックな対策が求められています。

エンタメ芸能☆NEWS&SCOOP トップページへ
スポンサーサイト
2008年12月25日 | 気になる話題 - その他

キーワード検索

最近の記事

全記事表示リンク

リンク

かんたん相互リンク

免責事項

ブロとも申請フォーム

プロフィール

カテゴリー

芸能ランキング

スポンサードリンク

PR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。