スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

新型インフルエンザ感染想定 近畿で約800万人

新型インフルエンザについての記事です。

今後、新型インフルエンザに関しては「新型インフルエンザ」のカテゴリにて投稿していきます。

<元記事>
12月24日2時19分配信 産経新聞
<参照URL>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081224-00000502-san-soci
新型インフルエンザ感染想定 近畿は4割800万人

─────────────────────────────────

新型インフルエンザが近畿2府4県で発生した場合、人口の25%程度とした国の試算を上回り、最終的に近畿の総人口の40%にあたる約800万人が発症すると、国立感染症研究所感染症情報センター(東京)の大日(おおくさ)康史・主任研究官が試算した。外出制限などを行うことにより、20%程度まで発症を抑えることも可能という。

試算は、発症時期をインフルエンザが流行しやすい冬場に、また世界的に大流行し、国内でも大正7?10年に当時の人口の約半数にあたる2380万人が罹(り)患(かん)、38万8000人が死亡したスペイン風邪並みの感染力を持つと設定し、行った。

試算では、新型インフルエンザの初発症者を「神戸市灘区在住、東灘区に勤務する会社員」と想定。通勤距離が短いために当初は狭い地域での感染にとどまるが、その後何も対策をとらなかった場合、大阪から周辺各府県に急速に広がり、首都圏の想定に比べ10日ほど遅れた35日目にピークを迎える(グラフ)。その時点で、発熱などの症状が出る感染者は近畿の人口の17%にあたる340万人となり、最終的に2カ月間で発症者は800万人にまで拡大するという。

一方、感染拡大防止策を講じ、学校閉鎖を行ったり、普段電車を利用する通勤者のうち20%が外出を自粛したりした場合には、何も対策をとらなかった場合の半分の400万人にまで発症者数を抑えられると推測している。

大日研究官は「人口密集地だからお手上げということではなく、感染の拡大を食い止められる可能性がある。その可能性を見過ごさないためにも積極的な対策が必要」と話している。

国の試算では、国内で発症者が出た際、人口の25%にあたる3250万人が罹患し、2500万人が医療機関で受診。最悪の場合、死亡者数は64万人にのぼると推定している。

─────────────────────────────────

この試算で驚いている方はいるでしょうか。

今まで何度かこの種の試算データは公表されているので、もうあまり驚かなくなっているかも知れませんね。

ただ感染者が800万人というところより、死亡者が64万人というところが気になります。

この数字だけでもかなりの数字なので衝撃的ですが、実は過去のパンデミック(スペインインフルエンザ)の致死率を元に試算すると死亡者数はだいたい100万人ぐらいになります。

またアメリカの保健省が2007年にシミュレートした結果(致死率20%で試算)の場合、死亡者は650万人程度になっています。

新型インフルエンザは人類が免疫を持っていないため、その感染者数が膨大なものになると同時に、強毒型のウイルスは致死率が非常に高い可能性が指摘されています。

ですから厚生労働省の試算はやや甘いものだという気がします。

まだ起こってもいないうちから、あまり社会不安を増大させたくないという配慮もあるかと思いますが、ここらへんを知っておいた方がいいかも知れません。

エンタメ芸能☆NEWS&SCOOP トップページへ
スポンサーサイト
2008年12月25日 | 気になる話題 - その他

キーワード検索

最近の記事

全記事表示リンク

リンク

かんたん相互リンク

免責事項

ブロとも申請フォーム

プロフィール

カテゴリー

芸能ランキング

スポンサードリンク

PR

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。